ラーメン通販「宅麺」で買える濃厚味噌『東横』の先代特製味噌

東横 味噌

このサイト「麺atHome」では、自宅で楽しめるラーメン通販を紹介しています。初めての方はこちらもご覧ください。

スポンサーリンク

新潟濃厚味噌系の代表格『東横』

東横

新潟の5大ラーメンの一つである新潟濃厚味噌。発祥は『こまどり』ですが、負けず劣らず有名なのがこちらの『東横』で、新潟市内に複数の店舗を構えています。

濃厚な味噌スープはそのままではしょっぱいですが、割りスープを入れることで好みの濃度に薄めて楽しむことができます。

10年ほど前、秋田ラーメン遠征(ラーメンだけ食べる旅行、、、)で食べて感動した記憶が蘇ります。

スポンサーリンク

『東横』の先代特製味噌をご紹介

キレキレな味噌ダレを堪能できるスープ

東横

まずは割りスープを入れずにいただきます。

こ、濃い!

一口目に米味噌の深いコクが感じられ、動物系の優しいスープが下支えしていて、ビシっと聞いた塩分が全体をまとめています。

個人的にはギリギリこのままでも飲める濃度です。

米粉を練り込んだ個性あふれる麺

東横

米粉やタピオカを練り込んだ麺はムニムニっとした独特の食感で、小麦の風味もしっかりと感じられます。

濃厚なスープの中でも負けることなく存在感を発揮しています。

丼を覆い隠す大判チャーシュー

東横

なんとも存在感のある大判のチャーシューがドーンと鎮座しています。

トロトロタイプではないですが、口の中で繊維に沿ってほどけ、適度な食感を残しており、噛むほどに肉の旨味が溢れます。麺と同じく濃厚なスープに負けない力強い味わいです。

新潟濃厚味噌といえばの割りスープ

東横

新潟濃厚味噌の特徴である割りスープはそのまま飲むと豚骨の旨味がよく出ていて、少し塩を振って飲みたいくらい美味しいスープに仕上がっています。

オススメは前半はそのままの味噌スープを楽しみ、後半塩分がきつくなってきたタイミング少しずつ割りスープを投入していくと最後まで美味しく食べられます。

スポンサーリンク

通販商品紹介

東横

今回、宅麺.comで注文しました。

どのような形で届くのか、調理のコツなどをお伝えします。

入っているもの

東横

麺、味噌スープ、割スープ、チャーシューが入っています。

オススメトッピング

オススメトッピングは人参、ピーマン、もやし、キャベツ、木耳となっています。

今回はもやしとキャベツを使ってオススメ通りの作り方でやってみました。

調理のコツ

もやしとキャベツをラードで炒めた後、湯煎で解凍したスープをいれて軽く煮立たせます。茹で上がった麺を丼にいれ、その上からもやしとキャベツの入ったスープを入れます。

少し手間はかかりますが、ラードで炒めた野菜の香ばしさや旨味がスープに溶け込むので、この一手間は惜しまないことをお勧めします。

麺の茹で時間は4〜5分となっています。今回は4分で茹で上げましたが、ムニムニとした独特の食感を楽しめるちょうどいい茹で加減でした。

オススメの食べ方

東横

麺を食べ終わった後、残ったスープにご飯を入れておじやにしていただきました。これだけ麺に会うスープがご飯に合わないわけないですよね。

詳細情報

  • オススメ度:☆4.5
  • 購入しやすさ:やや売り切れが多い
  • 麺量:160g
  • アレルギー情報:小麦、豚肉
  • 通販サイト:宅麺.com
  • 値段:1,000円

アレルギー情報は各商品のアレルゲン表示を元に記載していますが、最終な判断はご自身でお願いいたします

スポンサーリンク

まとめ

東横

甘み少なめで、味噌のコクとしょっぱさで食べさせる、個性の強い味噌ラーメンを楽しめる1杯です。

お店の味に近づけるために、一手間かけて野菜を炒めてスープをつくることをお勧めします。

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました